・体温調節が未発達で苦手
・皮下脂肪が少ないため、体温が逃げやすい
・手足の毛細血管を収縮し、体幹に血液を集めている。

上記のを簡単に言うと、体温を調節する機能がまだ育っていないし、脂肪が少ないので体温が冷えやすいので、手足の血流をわざと悪くして中心が冷えないようにしている。

と思ってもらっていいです。



反対に靴下を履かせることは、熱を分散させてしまったり、大切な皮膚感覚を育てる機会が奪われてしまうため、あまり履かせる必要はありませんね。



---以下、土屋先生より転載です。---


赤ちゃんや小さな子どもの手足は冷たいことが多いですね。 
こんなに冷たくて靴下は履かせなくていいの?と悩むこともないでしょうか。
「こんなに冷えて。可哀想に」
靴下履かせるべきか、 履かせなくて良いのか困惑してしまいますね。授乳のときにママのお腹に赤ちゃんの手がちょっと触れただけで身震いするほど冷たかったりします。(これからの時期にここまではないでしょうが、まだ夜や朝方はひんやりすることもありますね。)
手足が冷たいのには理由があります。
なにもかも、未熟な赤ちゃん。まだまだ未発達の子どもたち。
外気温が低かったり高かったり、着せすぎや薄着など、ちょっとしたことが体温調節に影響してしまいます。基本的に赤ちゃんは大人よりも体温が高いです。だいたい37℃〜37、5℃ぐらいあるのが通常です。
赤ちゃんは、起きているときは手足をバタバタさせ、ハイハイしたり、ずっと動いています。小さな子どもたちも遊びに夢中になったりと、絶えず動いています。
動きが止まっているときは、眠っていますよね。
赤ちゃんは、 体重あたりの母乳やミルクを飲む量が大人の食事摂取量より多いこともあり、 身体が作り出す熱の量が多くなり
体温が高めになるのです。
ですから、大人の感覚で「寒かろう」と思ってたくさん着せてあげると、手足は冷たいのに首の周りや背中、頭は汗だくになったりします。
育児本にはよく「赤ちゃんの体温は37、5℃以上は発熱」と書いてありますが、泣いたあとやお風呂上がり、授乳のあとに 体温調整がうまくできないがために、元気でも、あっという間に熱がこもって38℃ぐらいまで上昇してしまうことがあります。
そんなときは慌てないで、衣服をちょっと緩めて、だっこして落ち着けてあげると、30分もすれば体温は元通りです。
熱がこもりやすいですが低体温にもなりやすいです。
大人に比べ、体が小さいわりに体表面積が大きく皮下脂肪が少ないので皮膚から熱が逃げやすいのです。
プクプクに太ってきてやっと、それなりに体温を調節できる能力ができてきますが、そうはいっても大人に比べると寒さ、熱さに対する反応を十分にできないのが赤ちゃんです。
だから、未熟なりの体温調節をするためにあえて手足をキンキンに冷やすことで末端の毛細血管を収縮させ、身体の中心に熱を集めて手足から熱が逃げていかないようにしています。
靴下を履かせて足の末端を温めすぎると、末端の毛細血管が弛緩して、そこから熱が逃げていってしまう…。
赤ちゃんに靴下は履かせないほうがよいと言われるのはそんな理由からです。また、本能的に靴下を脱ぎたがるのもそのためかもしれません。
赤ちゃんは手足を口に持っていったり、 手足でいろんなものに触れることで脳が刺激されて発達していきます。布を隔てていろんなものに触れるのと、素手素足では刺激の度合いが異なります。
だから靴下は基本、履かなくても問題ありません。手足は冷たくていいのです。
赤ちゃんやまだまだ幼い頃は、こうして体温調節しながら成長しています。


---転載終了---


こぐま治療院
http://koguma0412.blog.jp/

facebookページ
熊谷紀幸
こぐま治療院

twitter
https://twitter.com/koguma0412

Instagram
https://www.instagram.com/koguma0412/

公式LINEアカウント
https://line.me/R/ti/p/%40nwh8361w


LINEでのご予約の際は“必ず”下記の内容を含め、ご連絡ください。
ご希望の
①お日にち(第一希望 第二希望など)
②時間帯(例:11時から15時までの間で)
③内容のコースと時間(例:鍼灸治療+足湯60分)
 
 



スポンサーリンク