☆公表されている事実を直視してみる。
 
皆さんもすぐに調べられます。
 
農林水産省動物医薬品検査所に2004年から2010年までにおいて報告では、
狂犬病及び犬用ワクチンで重篤な症状あるいは死亡した犬は238件。うち、235件死亡。
 
毎年年間40頭前後ワクチンによる死亡がある。
これはほぼ毎年同数です。
 
死亡した大半は一歳未満、特に三ヶ月齢未満が最も多く、犬種的にはパグが一番死亡率が高い。
 
 
大久保先生より
 
 
事実として。

 
ペット関連のアップした記事+αをブログに載せています。
「カテゴリー」→「動物」で探しやすいと思います。
 
記事のご意見は僕までお願いします!
名古屋で獣医の大久保先生の講演がございます☆
ワンちゃんネコちゃんも大切な家族です。一度常識を疑ってみませんか?
 
facebookのイベントページ
 
お申込みはこちら




スポンサーリンク