お恥ずかしい話ですが、


卒業生のお子さんの親に“おめでとうございます”という気持ちが、


自分に子どもが生まれて初めてわかりました。





なんとなく、そりゃあ親もめでたいかーくらいに思ってましたが、


全然意味が違いました。 


節目までの一筋縄ではいかない道のりをしてきた親に対しての言葉なのでしょう。





知識ではないところの勉強を、子どもが生まれてから、、、


いえ、生まれる前からさせてもらってます。 


スポンサーリンク